ゴルフラウンド日記:90切りへの挑戦:ラウンドの記録35 くずはゴルフリンクス(大阪)

GW期間中はラウンドを自粛していたので、久しぶりの河川敷ラウンドとなりました。

前回は、社内コンペで100を切ることも出来ませんでした(涙)

今回のラウンドの結果はいかに?

よろしければお付き合いください。

キャディバッグの中に入れることができるのでオススメです!

結果 OUT45 IN45 TOTAL 90

惜しくも90を切ることが出来ませんでした。

 

イナ

非常に残念です。

 

前回のように大たたきをするホールがなかったので、なんとか安定はしていましたが、あと1打縮めることが出来れば良かったと心から思っています。

今回のラウンドを振り返ります。

安定の5I

今回のティーショットはドライバーを使用せず、3Uと5Iを使いました。

その結果、OBと1ペナを回避することができました。

 

イナ

かなりの安定感を感じています。

 

このままだとドライバーを手放してしまうかも知れません(汗)

あまり周りでも使用していない5Iの安定感がよく、パー4で360ヤードの狭いホールでは、5Iを2回使ってグリーン付近までボールを運ぶことに成功しています。

さすがに、400ヤードになると5Iでパーオンすることは不可能ですが、360、370ヤードでは、5I使用2回作戦が功を奏しています。

もちろん、ミスショットをすることもありますが、OBになるような大けがにつながっていない部分が助かっています。

山ラウンドでは急に雨が降ることもあります!

やっぱりアプローチ

今回はトリプル以上を打つことはありませんでした。

ただ、アプローチでうまく寄せることが出来ず、ダボになったホールが3回ありました。

ここで、1回でもピンに寄せてボギーで上がれていたら90を切れていましたが・・・

ライの状況を見て、うまく打つよりもミスを減らすためのクラブ選択をして、パーではなくダブルボギーを打たない選択をしたいと感じています。(でも、プレーをしているとパーを取りたくなってしまうのが問題ですね)

さいごに

河川敷特有の風?の影響でクラブ選択に悩む場面があり、その結果グリーンオーバーで難しいアプローチを残す場面がなんどかありました。

あらためてゴルフは手前からの考えでグリーンに乗せるよりも、アプローチをしやすい位置にボールを運ぶためのクラブ選択をする必要があると感じました。

絶対ではありませんが、このマネジメントをしていたら今回のラウンドでも3打は縮めることができたと思います。

来週の河川敷ラウンドに活かしたいと思います。

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

今回の内容が参考になりましたら幸いです。

キャディバッグの中に入れることができるのでオススメです!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事