ゴルフラウンド日記:90切りへの挑戦:ラウンドの記録34 レイクフォレストバードコース(京都)

4月22日(月)社内のコンペに参加しました。

普段は1人予約でプレーすることばかりですが、半年に1回行われる社内コンペには参加するようにしています。

今回は、京都府のレイクフォレストバードスプリングコースでのラウンドとなりました。

キャディバッグの中に入れることができるのでオススメです!

結果 52 48 100

またまた90切りどころか?

100切りもできない結果となりました。

ダブルペリアのため順位は17人中3位となり景品もいただきましたが、納得いかない結果となりました。

今回のラウンドを振り返ります。

よかった点

池が設置しているコースが多く、レイアウト的にティーショットが難しいイメージがあったので、ドライバーを使用せずに3Uを使うようにしました。

結果的には大成功でミスを減らして200ヤード超の飛距離を稼ぐことができたので、今後も?この作戦も使うのはありだと感じました。

ティーショットでOBがなかったことは精神的にも余裕ができる展開でした。

それなのに100切りもすることが出来なかった点は、非常に悔やまれます。

山ラウンドでは急に雨が降ることもあります!

反省点

100切りが出来なかった原因は2つありました。

1つは、2つのホールで突然シャンクが発生してしまい、パー4でスコア9、パー3でスコア7となってしまいました。

詳しい原因はわかっていませんが、おそらくライが濡れていたのでダフリを防止するために、トップさせようとしてことが原因かも知れません。

これでセカンドショットのOBを2回出すことになりました。

パー3でも、シャンクを引きづってしまいティーショットで池に入れてしまうミスをしました。

改善するためにやったことは、トップさせる意識をなくしていつも通りスイングすることで元に戻りましたが、スタートして4ホール目の出来事だったので、原因がわからないまま不安をかかえながらプレーをしました。

結果的にシャンクが出たのは2ホールだけでした。

もう1つのミスは、バンカー越えのアプローチでバンカーを避けるためのアプローチが、ピンを大きく越えることとなり、3パットの原因となってしまいました。

この点に関しては、バンカーに入っても良いのでグリーンのエッジを思い切って、狙うようにアプローチしたいところです。

さいごに

ティーショットで3Uを使う作戦は成功したと思います。

自信を持ってスイング出来るようになりました。

しかも、200ヤードくらいは飛距離も出ているのでセカンドショットでパーオンを狙うことも可能です。

今後もスコアアップのために、3Uでのティーショットを積極的に使用するつもりです。

しかし、急なシャンクの影響で90切りを達成することが出来ませんでした。

プラス思考で考えたら、2ホールでシャンクが収まったので良かった方だと思うようにすべきかも知れません。

今回の経験を次回のラウンドで活かしたいと思います。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。イナゴル

キャディバッグの中に入れることができるのでオススメです!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事