スコアを改善するための秘策:ゴルフ100切りとティーグラウンドの傾斜の重要性

ゴルフは、スコアを改善し、より良いラウンドを楽しむための様々な要素が組み合わさったスポーツです。

スコアを向上させるためには、ティーショットでのミスを減らすことが重要です。

しかし、初心者ゴルファーが見落とす傾斜という要素が、スコアに大きな影響を及ぼすことをご存知でしょうか?

よろしければ今回の記事にお付き合いください。

キャディバッグの中に入れることができるのでオススメです!

ティーショットを真ん中から打っていませんか?

多くの初心者ゴルファーは、ティーショットを打つ際に、ティーグラウンドの真ん中にボールを置くことに慣れています。

 

イナ

わたしもそうでした!

 

しかし、よく見るとティーグラウンドには傾斜がついていることがよくあります。

この傾斜が無視されることで、ミスショットの確率が高まり、スコアが悪化することがあるのです。

ティーグラウンドの傾斜

ティーグラウンドの傾斜は、かなり意識をして確認しないと平坦部分との違いを確認することができません。

しかし、これを見落としてしまうと、傾斜の影響を受けてショットが思わぬ方向に進み、ミスショットに繋がります。

特に初心ゴルファーの場合、傾斜からのショット経験が浅いため、傾斜に対応したスイングが出来ず、大きなボールの曲がりやOBになることが多いのです。

山ラウンドでは急に雨が降ることもあります!

経験談

私もゴルフを始めた当初は、いつもティーグラウンドの真ん中からショットをすることが習慣でした。

 

イナ

正直、何も考えず、同じ場所にボールを置いていました。

 

しかし、ある日、ミスショットでOBになった後に、ティーグラウンドの傾斜に気づきました。

そこから、できる限り平坦な場所を探すように心がけるようになりました。

 

傾斜がわかりにくいと感じる場合があると思います。

ティーグラウンドから離れることで傾斜の有無が確認しやすくなります。

わたしは、次のホールへ向かうときにティーグラウンドの傾斜を確認するようにしています。

ティーグラウンドから遠く離れている方が傾斜の確認はやりやすいです。

結論

初心ゴルファーであろうと、経験豊富なゴルファーであろうと、傾斜からのショットは難しいものです。

ですが、ティーショットを打つ際に傾斜を考慮し、できる限り平坦な場所を選ぶことで、ミスショットの確率を減らし、100切り達成への近道となります。

 

イナ

ゴルフは戦略と技術が結びついたスポーツです。

 

ティーグラウンドの傾斜を意識することで、よりスコアを改善し、楽しいラウンドを楽しむことができると感じています。

次回のゴルフラウンドで100切りを達成されることをお祈り致します。

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

今回の内容が参考になりましたら幸いです。イナゴル

キャディバッグの中に入れることができるのでオススメです!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事