ゴルフラウンド日記:90切りへの挑戦:ラウンドの記録 23:くずはリンクス

2024年の2回目のラウンドは、ホーム?コースである

大阪くずはリンクスでのラウンドとなりました。

 

イナ

気温3°の中、8時6分より90切りを目標にプレーしました。

 

その結果はいかに?ゴルフラウンド日記としてお伝えします。

キャディバッグの中に入れることができるのでオススメです!

結論 OUT37(16) IN45(19)計 82(35)

プレー日は、1月16日でした。大阪はかなり冷え込みスタート時は気温3°でしたが、風が吹いていなかったため、それほど寒さを感じることなくスタートしました。

 

結果は、初となるハーフ37のスコアを叩き出し、久しぶりに90切りを達成することができました。

 

イナ

意識して取り組んだことが良い結果につながりました。

 

今回のラウンドを振り返ります。(グリーンは凍っていました・・・)

 

よかった点

ドライバーもアイアンも含め、すべてのクラブでスイングするときに、身体の始動を足から動かすように意識しました。

 

イナ

足を右へ動かしてから腕を動かすという感じです。

 

この結果、ドライバーもアイアンショットもほぼ曲がることなく、狙った位置にボールを運ぶことができました。

 

足が動きやすいように肩幅よりも狭くするようにしました。

 

実は、前回のラウンド後半で、足を意識して動かすことで良いショットが出ていたので、今回のラウンドで検証する予定をしていました。

 

本当に良い結果が出たので、次回のラウンドでも足を動かすことを意識してプレーします。

 

また、結果をお伝えしたいと思います。

山ラウンドでは急に雨が降ることもあります!

反省点

82のスコアが出たので反省点はなし!と言いたいところですが、アプローチのミスが反省点です。

 

詳細ですが、残り50ヤードのアプローチで、グリーンまでバンカーなどの障害物はない状況で、ボールを浮かしてピンに寄せようとした結果、クラブがボールの下をくぐりグリーンオンさせることが出来ませんでした。

 

よく考えてみたらピンまでは上りグリーンで、障害物もなかったので、わざわざボールを浮かす必要はなく、Pや9Iでボールを転がせばよかったと後悔しています。

 

今回の反省点を次回に活かしたいと思います。

 

さいごに

ゴルフでは当たり前のことですが、狙った位置にボールを運ぶことで、セカンドショットやサードショット(アプローチ)がとてもやりやすくなることを実感しました。

 

もちろん、1mくらいのパットを確実に入れることが出来たことも、好スコアにつながっていることは間違いないですが、やっぱりボールが大きく曲がらないことで、次のショットが楽になることでピンに近づく可能性が、とても高くなりました。

 

イナ

今回は、足を意識して動かすことで良い結果が出たと感じています。

 

次回も継続することが出来れば、今後のゴルフに大きな影響が出てくるので、次回のラウンドが本当に楽しみとなりました。

 

次回のラウンドは、1/22(月)で知人とのラウンドとなります。

次回は、山ラウンドで傾斜との闘いになりますが、今回のラウンドでつかんだ感覚を活かして、連続90切りを目指したいと思います。

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

今回の内容が参考になりましたら幸いです。イナゴル

 

キャディバッグの中に入れることができるのでオススメです!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事