ゴルフラウンド日記:90切りへの挑戦:ラウンドの記録 18:若草カントリー倶楽部

奈良県の若草カントリー倶楽部での社内コンペ。

2023年11月20日(月)のラウンドを振り返ります。

真冬のような寒さの中、6時45分にスタート。

前週は雪が積もってクローズになったと聞きました(汗)

今回も目標は90切り。果たしてその結果は如何だったのでしょうか?

ゴルフラウンド日記としてお伝えします。

キャディバッグの中に入れることができるのでオススメです!

結論

残念ながら、前回のラウンドに続き90切りは達成できませんでした。

 

イナ

最近は90台が定着しています(汗)

 

OUTが48(19)、INが51(20)、計99(39)。

しかし、逆に100を切れたことに一定の満足感を感じています。

 

よかった点

はじめてのラウンドで、狭いコースでもドライバーショットが調子良く、ティーショットのOBは2回に抑えられました。

 

イナ

思い切りスイングしたことが良かったと感じています。

 

同様にセカンドショットのミスも少なく、多くのホールで容易にグリーン周りまで、ボールを運ぶことができました。

1打目、2打目をスムーズに進めることができました。

 

山ラウンドでは急に雨が降ることもあります!

反省点

パターのミスが多かったです。

ワングリーンの大きなグリーンに苦しんでしまい、ピンまでの距離感がつかめず、結果として3パットを7回も記録しました。

傾斜地にあるカップ位置も3パットの原因となりました。

 

イナ

手痛いバンカーのミスもありました。

 

最終18ホールでグリーン手前の高いバンカーに捕らえられ、4打もたたいてしまいました。

バンカーの高い位置でのヘッドアップが原因で、ボールの頭部分を打ってしまいました。

1打目の失敗後はピン方向ではなく、2打目で確実にバンカーから出すことを選択するべきでした(大反省)

 

 

記事の結論

タラレバがよくないことは理解していますが、ショットの出来が良かったので、パターとバンカーのミスがなければ十分に90を切れる内容だったと痛感しています。

 

イナ

最近のラウンドでの反省点として、特にパターが頻繁に浮かび上がっています。

 

したがって、今後はパターの練習やラインの読み方に注力したいと考えています。

 

コンペ結果

ダブルぺリア方式で16人中13位でしたが、

ニアピン賞を獲得し、焼肉たむらのカレーを美味しくいただくことができました。

1日中寒かったですが、久しぶりのコンペを楽しむことができました。

キャディバッグの中に入れることができるのでオススメです!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事