ゴルフラウンド日記:90切りへの挑戦:ラウンドの記録 14: 滝野カントリー倶楽部八千代コースでの挑戦

兵庫県の滝野カントリー倶楽部八千代コースでのゴルフラウンドをお伝えします。

 

イナ

今回は10年ぶり、2回目の挑戦となりました。

 

快晴の2023年10月18日(水)に、私は再び90切りを目指してプレーしました。

果たしてその結果はいかに?このゴルフラウンド日記を通してお伝えします。

キャディバッグの中に入れることができるのでオススメです!

結果

OUT:50(17) IN:51(19) 計:101(36)

残念ながら、前回のラウンドに引き続き、90切りどころか100切りも達成できませんでした(汗)

先週に引き続き、残念な結果となりました。

お天気は最高でした~

 

 

よかった点

正直に言いますと、天気が快晴だったこと以外には、良いことはありませんでした(笑)。

ただし、INコースで3回のパーを取ることができた3ホールでは、自分のイメージ通りのスイングとパッティングができ、光明を見いだしました。

 

イナ

この3ホールは、リズムよくスイングが出来ていました。

 

これを繰り返すだけなんですが・・・簡単ではないです。

 

あとは、天然?の鹿をたくさん見ました。

鹿に近づいても逃げることがなかったので、人間に慣れているのか?

草を食べることに夢中なのか?

プレーしながら癒されることが出来たので、とてもラッキーでした。

 

 

山ラウンドでは急に雨が降ることもあります!

反省点

 

イナ

反省点は大きく2つありました。

 

まず、セカンドショットのミスが多かったこと。

傾斜の影響もありましたが、深いラフからのショットで的確なヒットができず、結果として3オン、4オンが多くなってしまいました。

アイアンの番手を適切に選び、ボールへのコンタクトを確実に行えるようにする必要があると感じました。

 

イナ

無理にパーオンを目指したことが、ミスに繋がってしまったと感じてします。

 

もう1つの反省点は、パッティングです。

難しい位置にカップがあるホールでは、ショートパットを外してしまい3パットになることが2回ありました。

今回、残念だったことは1回も1パットでカップインしなかったことです。

 

イナ

あと少しが何回もありました・・・

 

パッティングの練習も大切ですが、アプローチでピンに寄せる技術をもっと磨く必要があると感じました。

 

結論と今後の展望

今回のラウンドで自分の弱点が浮き彫りになりました。

これからのラウンドに向けて、セカンドショットの精度を向上させ、アプローチの確度を高めることに焦点を当てて練習を行いたいと思います。

 

イナ

苦しい経験でしたが、それが成長への第一歩と捉え、ゴルフの難しさと挑戦意欲を持ち続けます。

 

以上が、滝野カントリー倶楽部八千代コースでのゴルフラウンドの振り返りと今後の展望でした。

次回のラウンドでは、前回の反省を活かし、より良いスコアを目指して挑戦していきます。

お付き合いいただき、ありがとうございました。イナゴル

キャディバッグの中に入れることができるのでオススメです!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事