ゴルフ初心者必見!バンカーショットでの砂の取り過ぎ問題を解決するコツ

バンカーショットは、ゴルフ初心者にとってはハードルの高い技術です。

 

砂を取り過ぎてしまい、なかなか脱出できずにスコアが大崩れすることもあります。

 

また、ユーチューブなどで動画を見ても上手くできないと感じることもあるでしょう。

 

イナ

私自身もバンカーショットで砂を取り過ぎて悩んでいました。

 

しかし、ある方法を試した結果、脱出の確率が上がり、スコアの大崩れを防ぐことができるようになりました。

 

今回は、ゴルフ初心者の方に向けて、バンカーショットでの砂の取り過ぎ問題を解決するためのコツをご紹介します。

キャディバッグの中に入れることができるのでオススメです!

バンカーショットで砂を取り過ぎる理由

通常、バンカーショットでは砂とボールを一緒に飛ばすようなイメージを持ちますが、砂を取り過ぎてしまう原因は何でしょうか。

 

まず、砂を取り過ぎる一番の原因は、ボールの位置よりもかなり手前にクラブが入っていることが考えられます。

 

ボールより手前にクラブを落としたら良いことはわかっていても、バンカー以外のショットでは、ボールを打つ感覚が身についているので、ボールの手前にクラブを入れることを難しく感じてしまいます。

 

ボールを直接打つ方法:通常のアプローチショット

バンカーショットで砂を取り過ぎないためのコツは、通常のショットのようにボールを直接打つことです。

 

イナ

ちょうど、グリーン周りのアプローチショットをする感覚です。

 

ボールより手前にクラブを入れて、砂とボールを一緒に飛ばす場合は、ある程度の力が必要になるため、大振りしやすくなります。

 

しかし、直接ボールを打つ方法では、腰から腰のスイングで十分にバンカーから脱出することができます。

 

イナ

仮に、飛び過ぎたとしてもサンドウェッジですから、OBになることもありません。

 

むしろ、ボールの手前にクラブを入れようと力を入れてスイングした結果、直接、ボールに当たってしまって、ホームラン(遠くに飛び過ぎてOBになる)になってしまうことがあります。

 

イナ

わたしは、このOBでよく凹みました・・・

 

直接、ボールを打つ方法を使うと、砂を取り過ぎることなく、一発で脱出する確率が高まります。

 

さらに、この方法は砂の質が硬くても柔らかくても対応できますので、様々なコンディションに対応することができます。

 

砂質によって打ち方を変える必要がないのは、大きなメリットだと感じています。

山ラウンドでは急に雨が降ることもあります!

ピンに寄せることはできないがスコアは安定

バンカーショットでボールを直接打つ方法を使うと、砂を取り過ぎる問題を解決することができます。

 

イナ

ただし、ピンに寄せることは難しくなるかもしれません。

 

むしろ、ピンをオーバーすることが多くなります。

 

しかし、重要なのはスコアを安定させることです。

 

バンカーショットで砂を取り過ぎてしまうと、何度も同じことを繰り返し、スコアが大きく崩れてしまい、ラウンド全体の結果にも影響を与えてしまいます。

 

イナ

何度も味わいました。

 

バンカーで直接ボールを打つ方法を使うことで、スコアが大きく崩れることはなくなりました。

 

100切りが達成できるようになったのも、この方法を使うようになってからでした。

さいごに

バンカーショットで砂を取り過ぎる悩みを抱えている方には、今回ご紹介したボールを直接打つ方法を試してみることをおすすめします。

 

イナ

腰から腰のハーフショットを使い、砂を取り過ぎることなく脱出することができるでしょう。

 

もちろん、最初から完璧にできるわけではありません。練習を重ねてコツを掴んでください。

 

現在、わたしはこの方法でバンカーショットを行い、バンカーショットが苦手だったのを、克服することができました。(たまに失敗することはありますよ)

 

ゴルフは個人の技術や体力によっても異なるため、自分に合った方法を見つけることも大切です。

 

バンカーショットで砂を取り過ぎて脱出できないと悩んでいる方は、ぜひ!今回の方法を1度試してみてください。

 

イナ

スコア100切りの一助になることが出来ましたら幸いです。

 

以上が、ゴルフ初心者の方々に向けたバンカーショットでの砂の取り過ぎ問題を解決するコツについての記事でした。

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

今回の内容が参考になりましたら幸いです。イナゴル

キャディバッグの中に入れることができるのでオススメです!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事