ゴルフ100切り達成の近道!ドライバーが苦手な方にはミニドライバーが最適!

ゴルフは奥深いスポーツですが、中でもドライバーが苦手な方々にとっては特に悩みの種となることでしょう。

 

OBが頻繁に出てしまい、スコアの向上につながらないという方々も多いのではないでしょうか。

 

イナ

実は、わたしもそうでした。

 

そんな方々におすすめしたいのが、「ミニドライバー」です。

 

本記事では、ミニドライバーの特徴やメリットについて詳しくご紹介します。

キャディバッグの中に入れることができるのでオススメです!

ミニドライバーの特徴とメリット

 

シャフトの短さがミスを減らすポイントとなる

ミニドライバーの最大の特徴は、シャフトが通常のドライバーよりも短くなっていることです。

 

イナ

この短いシャフトが、ミスショットの可能性を低く抑える効果をもたらします。

 

シャフトが短いことでクラブのコントロールが容易になり、スイングが安定します。

 

また、振り抜くスピードも抑えやすくなるため、ボールの方向性をより正確にコントロールできるでしょう。

物理的・心理的メリットを享受できる

ミニドライバーのシャフトが短いことによるメリットは、物理的な効果だけでなく、心理的な安心感にも繋がります。

 

短いシャフトによってクラブが扱いやすくなることで、自信を持ってスイングに取り組むことができます。

 

ドライバーに対する苦手意識や不安感を解消することで、リラックスした状態でプレーできるでしょう。

 

特に、朝1番目の緊張しているティーショットで効果を発揮してくれます。

 

白い方が、ミニドライバーです。

 

飛距離の減少はあるものの、十分な飛距離を確保できる

ミニドライバーのデメリットとして挙げられるのは、通常のドライバーと比べて飛距離がやや落ちることです。

 

しかし、実際の平均飛距離を考えると、ミニドライバーでも十分な飛距離を確保できます。

 

イナ

わたしの場合は、ドライバーでの平均飛距離が230ヤードくらいです。

 

対して、ミニドライバーでは、平均飛距離が200ヤードくらいですが、350ヤードのホールや2オンが期待できないパー5のコースでは、200ヤードの飛距離でも、十分にパーオンを狙うことができます。

 

同伴者の批判に耳を貸さず自分に合ったクラブを選ぼう

ミニドライバーを使用することに対して、同伴者からの批判や疑問の声が上がることもあるかもしれません。

 

しかし、自分のゴルフスタイルやプレースタイルに合ったクラブを選ぶことは非常に重要です。

 

ミニドライバーが自分にとって最適な選択肢であるならば、周囲の意見に左右されず自信を持って使用しましょう。

 

イナ

自分自身のスコアアップが最終的な目標です。

 

今日は、ミニドライバーを使うと決めたら、自宅にドライバーを置いていくことをおすすめします。

山ラウンドでは急に雨が降ることもあります!

パーオンが難しくなる代わりに、ミスを減らしてスコアアップを目指す

ミニドライバーを使用することによって、2打目の距離が長くなるため、パーオンを成功させる難度は上がります。

 

しかしながら、ミスショットを減らしOBのリスクを軽減することで、スコアアップに直結することが期待できます。

 

ドライバーが苦手な方々にとっては、スコアの安定性を追求するためにもミニドライバーの活用は非常に有効な方法と言えるでしょう。

結論:ミニドライバーでミスを減らすことで、スコアアップに貢献する

ドライバーが苦手な方々にとって、ミニドライバーはドライバーに比べてミスの可能性を低く抑える効果があります。

 

イナ

もちろん、ミスがゼロになることはありません。

 

今でもミニドライバーを使うことがありますが、OB数を減らすことが出来ています。

 

ティーショットで1度もOBがなく、ラウンドできたら本当に気持ちいいですよ。

 

シャフトの短さによる物理的・心理的なメリットを享受しながら、安定したスイングを実現しましょう。

 

飛距離はやや落ちますが、十分な飛距離を確保できるので、パーオンすることも可能です。

 

同伴者の批判に左右されず、自分に合ったクラブを選ぶことが重要です。

ミニドライバーを活用して、ミスを減らしてスコアアップを目指しましょう。

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

今回の内容が参考になりましたら幸いです。イナゴル

 

キャディバッグの中に入れることができるのでオススメです!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事