ゴルフラウンド日記:90切りへの挑戦:ラウンドの記録 6

ゴルフ愛好家の皆さん、こんにちは。

 

今回は7月21日(金)にくずはゴルフリンクスで行ったラウンドの結果について、このゴルフラウンド日記を通してご報告いたします。

 

目指すは待ちに待った90切り達成!ですが・・・

 

しかし、結果は思うようにいかなかったことから、反省点と今後の改善策についても考察してみたいと思います。

キャディバッグの中に入れることができるのでオススメです!

ラウンド結果

結果から先に申し上げますと、前半は45(パット17)、後半は47(パット16)で、合計スコアは92(パット33)でした。

 

イナ

残念ながら90切りとはなりませんでした。

 

反省点1:最終ホールのパー3でのミス

最も大きな反省点は、最終ホールのパー3でのミスです。

 

90切り達成の可能性を感じ、力んでしまったことが原因で、ボールが右に飛んでしまい、OBとなりました。

 

このホールでは落ち着いてスイングすることが重要だったと感じました。

山ラウンドでは急に雨が降ることもあります!

反省点2:ティーショットの安定性とダフリの増加

ティーショットの安定性に課題を感じました。

 

安定したティーショットが打てなかったため、セカンドショットがラフからのショットが多くなりました。

 

ラフの抵抗を考慮して、力強くスイングした結果、ダフリ(地面をこすってしまうショット)が多発しました。

 

これによりスコアを伸ばすことができませんでした。

改善策:力むことなくスイングするために

これらの反省点を踏まえて、次回のラウンドで改善を図りたいと思います。

 

力むことなくスイングするために、以下の点を意識して取り組むことにしました。

 

    • マインドの管理:最終ホールなどで重要なショットの前には冷静になるよう心掛けます。リラックスして臨むことが大切です。
    • ティーショットの練習:安定したティーショットを打つために、練習場での練習を重ねます。専門用語である「スウィングプレーン」や「スイートスポット」といった基本的な要素にもしっかりと取り組みます。
    • ショートゲームの強化:状況に応じて、ラフからのセカンドショットに慣れるため、ショートゲームの練習を積極的に行います。

     

さいごに

最終ホールのパー3で力んでしまい、思わぬOBをしてしまった今回のラウンド。

 

90切り達成の可能性を感じたシチュエーションでのミスは、マインドの重要性を再認識させられました。

 

イナ

ゴルフは技術だけでなく、メンタル面も大切な要素であることを痛感しました。

 

次回のラウンドではこれらの反省点を踏まえ、より精度の高いプレーを心がけ、90切りを目指します。

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

今回の内容が参考になりましたら幸いです。イナゴル

キャディバッグの中に入れることができるのでオススメです!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事