暑い夏でもラウンドしたい!快適にラウンドするための施策をお伝えします

 

夏の暑い日でもゴルフを楽しむためには、熱中症リスクを抑えながら快適にプレーすることが重要です。

 

イナ

本記事では、以下の3つの施策をご紹介します。

 

よろしければお付き合いください。

キャディバッグの中に入れることができるのでオススメです!

早朝スルーラウンドで暑くなる前にプレーを終える

暑さが厳しい夏のゴルフでは、早朝にラウンドをすることがおすすめです。

 

イナ

朝の涼しい時間帯にプレーを終えることで、熱中症リスクを軽減できます。

 

以下にそのメリットをご説明します。

 

〇早朝は気温が低く、湿度も比較的低いため、暑さの影響を受けにくいです。

〇日差しがまだ弱い時間帯なので、直射日光のダメージを最小限に抑えることができます。

〇コースが混雑していない場合が多く、プレーのスピードも速くなります。

 

早朝スルーラウンドを選ぶことで、快適なゴルフラウンドを実現しましょう。

 

氷嚢を使って首筋や脇下を冷やす

暑さ対策として、氷嚢を首筋や脇下に当てることで身体を冷やすことができます。

 

以下にその効果と使い方をご紹介します。

 

〇首筋や脇下には血管が集中しているため、冷やすことで全身の体温を下げる効果があります。

〇氷嚢はスポーツ用品店やオンラインで手に入れることができます。保冷バッグに入れて持ち運びしましょう。

〇プレー中は、定期的に氷嚢を取り替えることで、効果的に冷やすことができます。

 

首筋や脇下に氷嚢を使うことで、体温を下げ、熱中症から身を守りましょう。

山ラウンドでは急に雨が降ることもあります!

空調服とアイスベストで身体を冷やす

さらに、快適なプレーを実現するためには、空調服と冷却パックを活用することもおすすめです。

 

以下にその利点と使い方をご紹介します。

 

〇空調服は、特殊な素材やファンを備えた服で、体温調節をサポートします。これにより、プレー中に身体が過熱するのを防ぎます。

〇冷却パックは、凍らせたり水で冷やしたりすることで、身体を冷やす効果があります。これを空調服にセットすることで、さらなる快適さを得ることができます。

 

空調服と冷却パックの組み合わせにより、暑さによる疲労を軽減し、熱中症のリスクを低減することができます。

 

イナ

わたしは、昨年から夏ラウンドで空調服を利用しています。

 

最初は、スイングするときに違和感がありました。

 

スイング回数が増えることで、違和感はなくなっていきました。

 

スイングの違和感よりも、服の中を空気が抜けていくことで汗が乾いてくれるので、心地良いです。

 

ただし、30℃を超えるような気温では、服に中は熱風が通るだけなので涼しさを感じることは出来ません。

 

そこで、新たに導入した冷却グッズが、アイスベストになります。

 

アイスベストを下着のように付けることで、服に中を冷たい冷気が通るので30℃を超えるような暑さでも、服内の冷却効果を存分に感じることが出来ます!

 

イナ

空調服とアイスベストの組み合わせは、最強だと思っています。

 

是非ともお試しいただきたいです。

 

 

さいごに

以上の3つの対策を取ることで、熱中症リスクを抑えながら、暑い夏でも快適にゴルフを楽しむことができます。

 

早朝スルーラウンドで涼しいうちにプレーを終え、氷嚢や空調服・アイスベストを使って体温を下げることで、安全かつ快適なゴルフラウンドを実現しましょう。

 

大前提として、上記の施策を実行する前に、十分な睡眠をとることや水分補給を行うことは言うまでもありません。

睡眠不足や脱水状態では、暑い環境下でのゴルフはより危険です。しっかりと体調管理を行いましょう。

 

※空調服とアイスベスト(冷却パック)についての詳細な補足説明は、以下になります。

空調服は、通気性の高い素材を使用し、ユーザーの体温調節をサポートするものです。一般的にはファンを内蔵し、風を送ることで体温を下げる効果があります。

多くの場合、バッテリーや電源が必要なため、事前に充電や電池交換を行っておく必要があります。なお、空調服は専門店やオンラインで購入することができます。

冷却パックは、特殊なゲルやポリマーを使用し、冷やす効果をもたらすものです。これらのパックは冷蔵庫や氷水で冷やしておき、使用時に適切な位置に装着します。

冷却パックは、一般的には首筋や脇下、腕などに装着することが多いです。

冷却パックには再利用可能なものや一回限りの使い捨てタイプなどがあります。使用前に凍らせたり水で冷やしたりして適切な温度になるように準備しておきましょう。冷却パックの使用方法や効果の持続時間については、製品の説明書を参考にしてください。

 

空調服とアイスベストは、個々の好みや状況に応じて使い方を調整することが重要です。

例えば、気温や湿度、個人の体感温度によって必要な冷却効果は異なる場合があります。

 

イナ

自身の体調や快適さを常に確認しながら、適切に利用しましょう。

 

記事の結論として、早朝スルーラウンドを選び、氷嚢を使って首筋や脇下を冷やし、さらに空調服と冷却パックを活用することで、熱中症リスクを抑えながら快適にプレーすることができます。

 

これらの施策を取り入れることで、暑い夏のゴルフを安全かつ楽しく過ごすことができるでしょう。

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

今回の内容が参考になりましたら幸いです。イナゴル

キャディバッグの中に入れることができるのでオススメです!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事