ゴルフ100切り ゴルフのアプローチは転がす方がよい

ゴルフのプレーにおいて、アプローチショットは非常に重要な要素です。

 

アプローチショットでは、グリーンへのボールの転がりをコントロールすることが求められます。

 

この記事では、100切りを目指す方へのアプローチショットに焦点を当て、グリーンをオーバーせず、行ったり来たりを繰り返さずにスコアを良くするための方法を、わたしの経験からお伝えしたいと思います。

 

よろしければお付き合いください。

キャディバッグの中に入れることができるのでオススメです!

アプローチショットの目的と重要性

アプローチショットの目的は、グリーンにボールを乗せてピンに寄せることです。

 

しかし、多くの100切りを目指すゴルファーがアプローチショットでミスをしてしまい、グリーンをオーバーしたり、ボールが転がり過ぎてしまったりすることがあります。

 

イナ

わたしも何度も経験してきました。

 

その経験から100切りをするために、まずはグリーンに乗せることが最重要だと考えます。

アプローチショットの基本的なアプローチ方法

あらためてになりますがアプローチショットでは、ピンに寄せることよりも、グリーン上にボールを乗せることを重視しましょう。

 

イナ

グリーンに乗せることで、2パットでカップインする確率があがります。

 

7番アイアンや8番アイアンなどの中アイアンを使用すると、ボールを転がすことが容易になります。

 

もちろん、バンカーを超える必要がある場合は、ウエッジを使ってボールを浮かす必要があります。

 

アプローチショットの際には、以下のポイントに注意しましょう。

 

ポイント1:グリーン手前を狙う

アプローチショットでは、ピンに寄せることよりも、グリーン手前を狙うことを心掛けましょう。

 

グリーン手前にボールを乗せることで、ミスショットがあった場合でも、ボールがグリーン上に残りやすくなります。

 

これにより、グリーン上の行ったり来たりを防ぐことができます。

ポイント2:アプローチショットのクラブ選び

アプローチショットには、7番アイアンや8番アイアンなどの中アイアンを使用することをおすすめします。

 

これらのクラブは、ボールを転がすことが容易であり、グリーンにボールを乗せやすくなります。

 

慣れてしまえば中アイアンは距離感をつかみやすく、コントロールしやすい特徴があります。

 

イナ

パターを打つようにアプローチするとやりやすいです。

 

また、パターでもアプローチショットを行うことができます。

 

ポイント3:転がし方のコントロール

アプローチショットでは、ボールの転がし方をコントロールすることが重要です。

 

ボールを転がす距離を正確に予測し、目標地点に乗せることがスコアメイクの鍵となります。

 

グリーン上の起伏やスピードを考慮し、転がし方を調整しましょう。

 

ポイント4:練習と経験の重要性

アプローチショットの技術を向上させるには、継続的な練習と経験が必要です。

 

練習場やラウンド中に7番や8番アイアンでのアプローチショットを意識して取り組み、様々な状況での対応力を身につけましょう。

 

実際のプレーでの経験を積むことで、自信を持ってアプローチショットに臨むことができます。

 

山ラウンドでは急に雨が降ることもあります!

結論:グリーン付近のアプローチはスコアメイクの鍵

ゴルフにおいて、グリーン付近のアプローチショットはスコアメイクの鍵となります。

 

グリーンにボールを乗せることを重視し、ピンに寄せるよりも確実にグリーン上にボールを乗せることが重要です。

 

7番アイアンや8番アイアンを使ってボールを転がし、行ったり来たりを繰り返さないことで、必ずスコアを良くすることができます。

 

アプローチショットの練習と経験を積み重ねることで、より確実なアプローチショットが可能となり、100切りなどのスコア達成に近づくことができるでしょう。

 

イナ

ゴルフのアプローチショットは、技術と戦略の両面で重要な要素です。

 

ぜひ、上記のポイントを意識しながらプレーし、アプローチショットのスキルを向上させてください。

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

今回の内容が参考になりましたら幸いです。イナゴル

キャディバッグの中に入れることができるのでオススメです!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事