ゴルフラウンド日記:90切りへの挑戦:ラウンドの記録 3

2023年6月8日(木)いつも利用している大阪 くずはゴルフリンクスでラウンドしました。

 

イナゴル

最近、私はゴルフで90切りを達成することが増えてきました。

 

先週に続いて今回も、素晴らしい成績を収めることができました。

 

スコアは、アウトで45(18ホール)、インで43(18ホール)で、見事に90切りを達成しました。

 

この成果に大変喜びを感じています。

 

さらに嬉しいことに、後輩さんとはわずか1打差で勝利することができました。

 

勝ち負けにこだわっているわけではありませんが、率直に言ってうれしい気持ちでいっぱいです。

 

90切りを達成した一方で、 反省すべき点も見つけることができました。

 

次のラウンドに向けて、このゴルフラウンド日記を通して改善点を挙げてみたいと思います。

よろしければお付き合いください。

キャディバッグの中に入れることができるのでオススメです!

1. アプローチの課題

アプローチショットでピンに寄せることがうまくいかず、結果的に36パットになってしまいました。

 

イナゴル

前回は30パットで終えられたので、今回は多くのパットを打つことになりました。

 

特にグリーン手前からのアプローチで、ピンをオーバーすることを恐れてしまい、長いパットを残す場面が多くありました。

 

その結果、3パットを3回する結果となりました。

 

次回のラウンドでは、この反省を活かして、ピンオーバーを狙うようにアプローチしたいと思います。

2. アイアンショットのミス

今回のラウンドでは、珍しく?ドライバーの調子が良く、ティーショットを気持ちよく打つことができました(非常に珍しい・・・)

 

ミスショットもありましたが、それほど多くはありませんでした。

 

イナゴル

しかし、問題はティーショットの後の2打目のアイアンショットでした。

 

アイアンショットでダフリをしてしまった回数が4回ありました。

 

ピンまで残り100ヤードくらいの距離で、力みから身体が沈み込んでしまい、結果としてダフリになってしまったと推測しています。

 

次回のラウンドでは、難しいことはわかっていますが、この問題に取り組みたいと思っています。

 

ちなみに、残り150ヤードくらいの距離では、上手く打てることが多くグリーンに乗るかカラーで止まることが多いです。

 

イナゴル

おそらくリラックスしてスイングできているからだと思われます。

 

これらの反省点を次回のラウンドで活かして、ミスショットを減らすように努めたいと考えています。

 

しかし、私にとってゴルフは楽しさが最優先です。

スコアを追い求めるだけのゴルフにはならないように心掛けていきます。

山ラウンドでは急に雨が降ることもあります!

結論:次回に向けて

90切りを達成することは私の目標であり、最近ではその達成率が高まってきました。

 

しかし、90切りができる条件は、平坦なライの河川敷など、恵まれた状況でのプレーによって成果が出ていると感じています。

 

イナゴル

ミスショットをしている状況からも分かるように、まだまだ課題が残っています。

 

次回のラウンドでは、今回の反省点を生かしてミスショットを減らす努力を重ねたいと思っています。

 

ただし、私にとってゴルフは楽しさを追求するためのものであり、スコアにこだわりすぎることは避けたいと考えています。

 

以上が、私の90切りへの挑戦と今回のラウンドの記録でした。

次回もより良い成績を目指して、楽しみながらゴルフをプレーしていきたいと思います。

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

今回の内容が参考になりましたら幸いです。イナゴル

キャディバッグの中に入れることができるのでオススメです!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事